【S697】エブリイ [H29/5-][DA17V] ワイルドステッチ グレーxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー


 >  > 【S697】エブリイ [H29/5-][DA17V] ワイルドステッチ グレーxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー
[3412763] DIXCEL HS ブレーキローター フロント用 エテルナ E64A 92/2~93/8
表示調整
閉じる
▼配色
指定なし(作者設定優先)
標準設定
ブラックモード
ブラックモード2
通常[1]
通常[2]
シンプル
おすすめ設定
▼行間
▼文字サイズ
  • +
  • -
  • 【S697】エブリイ ムーヴ [H29/5-][DA17V] デイズ/B21W ワイルドステッチ グレーxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー

  • リセット
▼メニューバー
追従 ×閉じる
光と闇 作者:八雲
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

【S697】エブリイ [H29/5-][DA17V] グレーxホワイト ワイルドステッチ シートカバー [H29/5-][DA17V] 【S697】エブリイ ベレッツァ Bellezza

更新通知 0/400

公開 非公開

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

エラーが発生しました。

エラーの原因がわからない場合はヘルプ(Q&A)や各種マニュアルをご確認ください。

5/8

刀との会話

 車から必要な荷物を取りに行って、部屋に案内してもらった。


 神社の敷地内、目立たない奥のほうに彼らの家があった。そこの2階の一室を借りた。


「あ、総司さん」

「さんはいりません。俺、楼さんより年下なので」

「え! いくつなの?」


 身体もがっしりして背が高いから年上かと思っていた。


「17です」


 3つも年下だった。マジか。


「そうなのか」

「総司と呼び捨てでかまいません」

「うん。じゃあ、総司もね。楼って呼んでよ。敬語もなくていいよ」

「……」


 あ、なんか困ってる? 面を被っていて表情がわからない。困ってる気配を感じるだけだ。


「年もそんなに変わらないからさ。楽だし」

「わか……った」

「うん。あ、ここの沢山の刀、見たいんだけどいい?」

「今、蔵の鍵を兄貴が開けてると思う」

「そうか、ありがとう」


 ここには総司と俺だけ。あとは虎太と闇刀、それから庵鶿。


 庵鶿を手にとって鞘から出してみる。ちゃんと手入れがされている。


「庵鶿はいつからここに?」

「明治の始めだよ」


 総司が答える。光刀が盗まれた時期と重なる。


『それ、僕が答える質問! 総司のバカー』

「あ、ごめん。アンジー」


 総司もだ。総司も会話出来るんだ プロジェクトμ タイプHC+ フロント左右セット ブレーキパッド プリメーラワゴン/プリメーラ・カミノワゴン WTP12/WHP12 F209 プロジェクトミュー プロミュー プロμ TYPE HC+ ブレーキパット【店頭受取対応商品】。


『アンジーって呼ぶな! 庵鶿だってば!』


 庵鶿は虎太のように子供っぽい。刀も人と同じように性格がある。庵鶿は闇刀には及ばないけれど長く時代を見て来たはずだ。なんだかそれが残念だな。


『ギャハ』


 闇刀に考えてることを読まれてしまった。口にしなくても刀と会話できるのも考えものだな。


『なんだよ、闇刀』


 庵鶿が咎めるような声で闇刀に突っかかる。


『なんでもねー』


 庵鶿と虎太には聞こえなかったようだ。意識して闇刀にしか聞こえない呼びかけとか出来るかもしれないななんて思う。


「総司、昼から出掛ける? どっか行きたいとこある?」

「え……」

「行きたいとこ、連れてくよ? 車だし」

「じゃあ、清水寺に行きたい」


 清水寺には中学生の時、修学旅行で行った場所。それなら案内できる。


「いいなー。俺も行きたい」


 ヒョイとドアの向こうから狐面が現れる。焔狐さんだ 。


「蔵の鍵開けたから、蔵に案内するよ」


 案内して貰った蔵は家のすぐ隣、渡り廊下で繋がっていた。家の中からしか蔵には入れないような作りになっていた。


「うわー!」


 蔵の中は刀だらけだった。きちんと刀が並んでいる。


「この中には曰くのある刀もあるんですよね?」

「そっちはちょっと離れた蔵にあるよ。本殿にもあるし、見てまわるといいよー」

「ありがとうございます」

「早く光刀が見つかるといいねー」

「はい」


 光刀が見つかれば、輝は目を覚ます。でも、あせるつもりはなかった。急いては事を仕損じるっていうし。


 残された時間はさほどない。闇刀は言った。早く探せと。だからこそ、焦ったら駄目なんだ。俺、焦ると諺通り仕損じるタイプなんだよな。


「この蔵にどれくらい刀があるんですか?」

「ここは少ないよ。300くらいかなー。向こうの蔵に3000くらい。曰く有りがその半数以上」

「そんなに?」

「そんなもんだよ。古刀なんて。中に軍刀もあるよ マーチ(K12,BK12)■APPブレーキラインシステム(スチール製1台分)適合詳細要確認。数は少ないけど。俺、仕事あるから戻るけど、ごゆっくりー」


 焔狐さんは蔵から出て行った。


「焔狐さんて仕事なにしてるの?」

「ここの神主やってる」

「え、焔狐さん、まだ若いよね?」

「兄貴は27。去年、ここを継いだんだ」

「へぇ……。凄いな」


 うちは祖父がまだまだ現役だし、父に代が移ってるわけじゃない。そろそろ父に代が移るのかもしれないが、どうするんだか。


『新月!』


 キンと耳の奥で響く声。蔵全体に聞こえるような大きな声だった ★送料無料【BRAHMS】☆ブラインドシェード☆ ホンダ フィット [GK3/4/5/6] 『リアセット』。刀の声だ。


『その声、八塚(やつか)か!』


 闇刀が答える。


『久しいな。新月』

『どこに行ったかと思えばこんなところで守られていやがったのか』

『俺の意志ではではないわ』


 闇刀が八塚と呼んだ刀。どこにいるんだ?


 そう思った瞬間、ざわっと背中が粟立ったような感覚に襲われた。


(なに!?)


『……(あるじ)? 主がいる!?』


 八塚が驚いたような声が響く。


『くはっ、気付くのおっせーよ! 八塚!』

『うるさい、新月! 主、俺はここだ』


 頭の中に浮かんだその場所はこの蔵の中だ 【S637】エブリイ [H27/2-][DA17V] ワイルドステッチ ホワイトxレッド Bellezza ベレッツァ シートカバー。八塚がいる場所を映像が映し出している。そんなふうに見える。


 八塚は、多分ガラスケースだろうか、美術館で展示されているかのようにそこにいた。装飾をされた鞘はとても綺麗だ。


『主、主!』


 早く早くと急くように八塚は俺を呼ぶ。


 まるでゲームだ。八塚のいる場所が目の前に浮かぶ。蔵のどこにいるか、わかる。2階の中央だ。


 2階に上がり八塚の刀の前に立つ。


「八塚?」

『主にまた会えるなんて。主だ。まさしく主だ』

「八塚は、もしかして宜久が作った刀なの?」

『そうだ。今の姿の主の名は?』

「楼。楼閣の楼だよ」


 闇刀や庵鶿、八塚なんかは摩天楼と言ってもピンと来ないだろうと楼閣という言葉を使った。


『いい名だ』

「ありがとう、八塚。

【S697】エブリイ [H29/5-][DA17V] ワイルドステッチ グレーxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー新作通販激安

。八塚は闇刀と同じ、5本の内の1本なの?」

『闇刀?』


 八塚が聞き返して来る。闇刀を手に取る。


「闇刀だろ?」

『新月と俺は呼んだ』

「闇刀。お前、新月って名前だったのか」

『んなわけ、あるか。本当の名は別にある。新月は愛称みたいなもんだ』


 闇刀が答える。


『主 サマータイヤ 245/45R19 98Y コンチネンタル エクストリームコンタクト DWS06 & シャレン XF-55 8.0-19 タイヤホイール4本セット。俺は違う。俺は宜久がいつも身につけていた刀だ。新月達とは違う』

「5本の刀を知っている?」

『勿論だ』


 光刀を知っている! 嬉しくなった。一歩輝に近付いた気がした。


「八塚。光刀はどこにある?」

『今の名で言われても俺にはわからん。どの刀を言っている?』

「闇刀と対だと思われてる刀だ。5本内の1本で。うちには光刀という名で文献に残っている。闇刀とは反対の刀だ」

『ハクの事か』


 ハク。

 それが、光刀なのだろう。


『ハクがどこにいるかなんて俺は知らないな。ただ……俺がここへ来た時、奴の話は聞いた。天野の家から盗まれた。西の海を渡ったと聞いた』


 海外に行ったということなんだろうか。そうなると面倒だ。


『海外とは限んないぜ、楼。明治初期に海外に行ける奴なんて限られている。九州か四国かだろう』


 闇刀の言葉に、


「そうだとしても、今の時代ならどこでも行ける。盗まれた当時は西にあったとしても」


 と、返す。


「庵鶿は光刀の事、聞いたことない?」

『えーと、僕はね、双子がなくなってから天野を離れたんだけど、それ以降、光刀とは会ってないからわからない。あ、でもねー、アレっていつだったかな。光刀がこの神社の近くを通った事があるよ。ねぇ、八塚、アレいつだったっけ?』

『ああ。そんな事あったな。楼が生まれた年だ』


 ちょうど20年前だ。20年前に光刀は京都にあった。通り過ぎただけかもしれない。それでも、光刀は京都にあった。


「京都の古美術商、片っ端から当たってみるかな……。いや、無駄かな」


 どこかに記録があれば、ここ20年くらいなら追う事も出来なくはないかもしれない。けれど、光刀は盗品だ。表には出てこないだろう。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はスマートフォン対応です。スマートフォンかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

【S697】エブリイ [H29/5-][DA17V] ワイルドステッチ グレーxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー

↑ページトップへ {yahoojp} {ncode.syosetu.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-60522