>  > ■オールインワン HID■55W■HB4■バルブ・バラスト一体型■フォグ WISH ウィッシュ H17.9~21.3 ZNE10G.14G後期■

■オールインワン HID■55W■HB4■バルブ・バラスト一体型■フォグ WISH ウィッシュ H17.9~21.3 ZNE10G.14G後期■

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L612 (SLP) 17インチ×9.0J PCD:100 穴数:4 インセット:22

HANKOOK ハンコック Laufenn ラウフェン G Fit EQ LK41 サマータイヤ 185/60R15 MANARAY SCHNERDER StaG ガンメタ ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +45 5穴 114.3テキストサイズ 小 |【プロミュー】送料無料【project mu】トヨタ セリカ NS-C ブレーキパッド リア MX83 クレスタ (89/8~92/10) 中 |大 |


■オールインワン NV350キャラバン HID■55W■HB4■バルブ・バラスト一体型■フォグ WISH ウィッシュ H17.9~21.3 フィット ZNE10G.14G後期■

 鈴鹿山脈の鋭鋒である鎌ヶ岳の勇姿を眺めながら鋭く切れ落ちた稜線とピークを越えていくこのコースは、鈴鹿きっての難所の多いコースである ズープロジェクト フロントサイド用大型バイザー エスティマ 30系・40系・AHR10W フロント用。

。鈴鹿の山に慣れてきた人なら是非とも訪れたくなる魅力のコース。ただし、コースの所有時間の長いことと難所の多い稜線上を行くので、時間に余裕を持つことと天候の良い時を選んで望みたい CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747 (クラブリネア L747) 19インチ 9.5J PCD:120 穴数:5 inset:33 DISK TYPE:HIGH カラー:プレミアムホワイトポリッシュ [ホイール1本単位]/H。

H17.9~21.3 HID■55W■HB4■バルブ・バラスト一体型■フォグ ウィッシュ ■オールインワン WISH ZNE10G.14G後期■ ■オールインワン H17.9~21.3

登山日:09/4/16(晴)

登山口 三重県四日市市水沢町地内・宮妻峡
      水沢峠登山道 国道306号から宮妻峡の標識を見て山手に折れ、宮妻峡キャンプ場から、不動橋を越えて行くと『鎌ヶ岳登山道入口』の道標脇に広い空き地があり車の駐車が出来る。
 水沢峠(すいざわとうげ)への登山口は、からすぐ車両通行止めのゲートがあり地道と簡易舗装路が交互に現れる曲がりくねった道で内部川に沿って進む。

   林道からの水沢峠登山口      ガラ岩の多い沢道
 林道が大きく左に曲がるところに『水沢岳登山道入口』の道標があり山道に入る。水沢峠への登路はよく踏まれている 【国産タイヤ・アルミホイール 新品 4本セット】◆ユーロスポーツ シャンドリーSE EuroSport Shandry SE◆245/40R18 18インチ (245/40-18)新品ダンロップ ルマン5 【バランス調整済み!】 パーツ。沢を高巻く間で、幾度も山側から落ちてくる小沢や涸沢を渡る時に、踏み跡が切れるので沢に入り込まないように注意したい。

       岩道の急登        水沢峠
崖淵の巻道を抜けて、雑木の絡んだ岩道の急登を登りあがると標識の立つ水沢峠に出る。水沢峠は少しのスペースはあるものの展望はきかない。
      水沢岳への急登
 水沢峠から水沢岳へはいきなりの急登で始まる。木の根を掴んで急登する。入道ヶ岳の展望が広がるガレ場の上に出る 激安販売 ブリヂストン ポテンザ POTENZA RE050 Y 255/30R21 255/30-21 4本 バルブ付 レクサス LS BMW キャデラック CTS-V アウディ A6 A7。

危険箇所の馬の背渡り

 ヤセ尾根をすぎると両側の切れ落ちた砂質のガレ場となる。『馬の背渡り』と言う手掛かりのない頂部を、足元を見て慎重に渡る。背の高いササの道となり、しばらくすると小さな空き地の水沢岳(すいざわだけ)山頂だ。

水沢岳山頂

山頂は展望もよくないが少し北に歩くと突端に出て鎌ヶ岳の展望が開く。このあたりからみる鎌ヶ岳はまだまだ遠く感じられるが、あとは稜線の起伏にしたがって、登り下りを繰り返しながら次第に近づいてくる鎌ヶ岳の容姿を楽しみに稜線歩きの醍醐味が味わえる。

鋭い岩峰を見せる鎌ヶ岳

     きのこ岩の急降下
 水沢岳から先は急降下となる。ガレの中に『きのこ岩』と呼ばれる岩が点在している。ザレて崩れ易い岩なので岩の間の直登直下は危険である。潅木とザレ地の境を木の枝を掴んで下りる。


       正面に鎌ヶ岳を見る
 ここからは展望のよい稜線の道となる。P1028をすぎてしばらくすると大河原との分岐になる。


       衝立岩
 右に折れて進むと迫力で眼の前に聳え立つ『衝立岩』の岩壁に出る。従来まで衝立岩の左側のくびれた岩の間をロープで上がったが、足場が崩れてここから目印に従い少し下り、鎖のあるところを登る。ここの鎖はやや古いものであり使用には注意も必要である。ここからもガレ場や岩頭の小ピークが連続してアップダウンの繰り返しとなる。


岩尾根を進む


  キレットを鎖で下りる       カニノヨコバイ
 キレットの岩場を鎖をつかって下りる。すぐ岩壁を鎖を使って慎重に『カニノヨバイ』を横切るとキレットの鞍部である。そこから岩頭に登りあがり鎌ヶ岳岩壁前に向かうとカズラ谷コースの分岐、長石谷分岐をすぎて鎌ヶ岳岩壁前にでる。


     岩頭に立つ        岳峠
 岩の積み重なった鎌ヶ岳の岩壁は迫力がある。岩塊が落ちてこないか一瞬不安を感じるくらいである 。一息入れてペンキマークに沿って岩の間を登る。コルに出て左に岩場を登り上がると山頂に着く。展望はいうまでもなく大展望を堪能できる。

山頂 1161m
縦走してきた鎌尾根

 下山のカズラ谷コースは高差800m近くあり高差トレーニングには最適で本格的アルペンコースである。カズラ谷とカズラ谷を分けた谷との尾根筋でヤセ尾根も多く場所によって滑落にも注意が必要。 

6時間30分の縦走コース踏破

■所要時間 登り 4時間~4時間30分
      下り  1時間30分~2時間


コースと時間

駐車場(7:18)⇒登山口(7:51/7:52)⇒水沢峠(8:43/8:46)⇒馬の背渡(9:02/9:05)⇒水沢岳(9:11/9:19)⇒茸岩(9:24/9:33)⇒衝立岩(10:02/10:11)⇒キレット(10:52)⇒岩頭(10:56/11:01)⇒岳峠(11:03/11:09)⇒鎌ヶ岳山頂(11:20/12:08)⇒岳峠(12:17)⇒雲母峰分岐(12:31)⇒水場(12:53/12:56)⇒滝(13:29/13:34)⇒登山口(13:41)

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-10069